• ホーム
  • よくある質問 / お問い合わせ

よくある質問

  • 各国、一部お届けができない地域はありますが、主要国の主要都市へのお届けは問題ございません。お届け都市については弊社問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

  • 最短のお届け日は8営業日後になります。但し、日曜日と現地の休日はお届けができません。お届け可能日として表示される日付から、ご希望のお日にちをお選びください。

  • 国によって最低価格が異なります。各国の商品ページをご確認ください。

  • 残念ながら海外へのお届けの場合、お届けした商品の画像をご提供するサービスはございません。

    ※弊社の国内届けで「おまかせ商品」をご注文されたときのみのサービスで、実際にお届けした商品の画像をご覧いただけるメールのことです。

  • 商品画像はイメージ画像です。お届けする商品は植物という特性上、形・色合い・サイズ等がイメージ画像とは若干異なる場合がございますので、予めご了承ください。

  • 花材の指定は承り致しかねます。イメージ画像付き商品、または生花店のおまかせ商品からのご選択のみになります。

  • 日本語は承れません。アルファベットのみになります。絵文字、特殊記号の使用はできません。

  • 各国の事務局からの配達の完了報告があり次第、メールにてご報告いたします。

  • ヨーロッパでは花束が一般的です。アジアでは、花束もアレンジメントもどちらも贈りますが、花束を贈ることが多いようです。アメリカのアレンジメントはバスケットアレンジメントではなく、花瓶生けアレンジが主流です。

    ※花器の素材、形、大きさは生花店のおまかせになります。

    アメリカの「花瓶活け」一例

    アメリカの「花瓶活け」一例 アメリカの「花瓶活け」一例

  • アジアの国々は日本のスタンドのような高さがあるアレンジが主流です。欧米では、お祝い用のスタンドはなく、花束、アレンジが主流です。

    <イベント会場へのお届け>

    • 日中に行われる長期開催の個展などのイベントのみ承ります。
    • お届け時間はご指定頂けませんので、予めご了承ください。

    <イベント会場へのお届け> <イベント会場へのお届け>

  • アジアの国々では日本と同じように白いお花がメインです。一方、アメリカやヨーロッパの国々では、お悔やみでも赤やピンクのお花が使われたり、故人が好きだった色合いのお花が選ばれることもあります。お花は現地生花店が地域の習慣に合わせてお届けいたしますので、おまかせください。

  • 日本と同じように不在表を投函し、お届け先様と連絡が取れ次第、再配達となりますが、玄関先に置いて完了とする「ドア・ステップ・デリバリー」という配達方法を行ったり、また、近隣の方にお預けする場合があります。お届け先様にはその旨をご連絡いたします。万が一、お届け商品にトラブルが生じた場合は、生花店が責任を持って再配達を致します。

  • 原則として配達ご希望日の7日前の17時まで承ります。注文確認メールに記載されている変更依頼専用URLよりご連絡ください。

  • 原則として配達ご希望日の7日前の17時まで承ります。お問合せフォームよりご連絡ください。

  • 弊社は2006年より「インターフローラ」を構成する北米を中心としたグローバルネットワークFTD(FTD Companies, Inc.)と業務提携しており、お届けはインターフローラに加盟するお届け先近くの生花店が行います。

    ※「インターフローラ」とは、現在約145ヶ国をカバーする世界最大の生花店組織です。
    >>インターフローラの歴史はこちら

お問い合わせ 営業時間:9:00~18:00 ※日曜日および年始(1/1~1/4)を除く

お名前

メールアドレス

お問い合わせ項目

注文番号

ご注文番号をお持ちの方はご入力をお願いします

内容