インターフローラの歴史

1908年

ドイツ・ベルリンのフローリストであるMax Hübner(マックス・ヒューブナー)が同僚と共に現在のインターフローラの原型を設立。この年に98の生花店が加盟

1910年

アメリカ・ニューヨーク州にJohn A. Valentine(ジョン・バレンタイン)によってFTD®(the Florists™ Telegraph Delivery Association)を設立

1914年

FTD®がローマのメッセンジャーの神マーキュリーをモチーフとした企業ロゴ(マーキュリーマン)を作成

1920年頃

イギリスのフローリストと種苗会社のオーナーがFTD®の海外加盟店になり、1923年までには17以上のイギリスの生花店がFTD®のパートナーとなり、 FTD®傘下のイギリス支部を設立、運営。1953年にInterflora British Groupと名前を変更

1927年

インターフローラの原型を設立したマックス・ヒューブナーは国際的なネットワークを広げるため、ベルギー、ドイツ、オランダ、オーストリア、スイスの3,064の生花店とフラワーネットワークを締結 Fleurop を国際的な組織としてスイスのチューリッヒに設立。マックス・ヒューブナーはヨーロッパのフルーロップ組織の初代会長に選出され、チューリッヒに本社を創建

1946年

Interfloraは第二次世界大戦後のビジネスを後押しするかたちでデンマークのコペンハーゲンで設立。国際取引事業を展開するネットワークとして、Fleurop(ヨーロッパ大陸)、Interflora British Group(英国、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ)、FTD(南北アメリカ、日本)で構成

1965年

FTD®はインターフローラとの国際的なパートナーシップの拡大を表現すべく、名前を「the Florists™ Telegraph Delivery Association」から「Florists‘ Transworld Delivery」 に変更

2006年

株式会社イーフローラはFTD®と業務提携を締結、国際取引を開始

2021年

世界140ヶ国にお届けが可能